日々めくるめくエクリチュール

めくるめく日々を生きるために書き綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・シティ から コンセプトについて への連想

先日、シン・シティを見ました。ストーリーはぼちぼちの面白さでしたが、映像はかなりカッコよかったです。とくに、構図が、それぞれの1コマだけ取り出してもかなりカッコ良いんじゃないかと思えるような作品でした。

私は映画とか結構すぐ忘れてしまう、刹那的鑑賞者なので、映画を見た後、記憶に刷り込ませるように、ネットで復習するようにしてるんです。(逆に、映画を見る前は、先入観なく見れるように、できるだけ情報に触れないようにしてます。)

この作品も復習してみたんですが、原作アメコミのカット割りやアングルをそのまんま再現しているそうです。1コマ取り出してもカッコいいんじゃないかと感じたのも納得です。映像など作ったことないのでよくわかりませんが、1コマがカッコいいだけならまだしも、それを連なる映像として作るのはスゴイんでしょうね。基本モノクロにパートカラーっていうのも印象的な演出でしたし、俳優さんの見た目もアメコミっぽく演出してあったと思います。それでいて、全体として色んな演出がうまくまとまっていて、映像のコンセプトというのか見せたいものがしっかりしてる気がしました。


少し話が変わりますが、モノをつくるとき、コンセプトをしっかりしておくっていうのはとても大事なことだと思います。モノをつくるっていうのは、映画なんてのもそうですし、製品企画や広告、それに文章を書く、はてはプレゼンテーション、もっと先には服装や人となりの自己演出っていうのも含まれるでしょうね。

私は大学の演習で製品の企画なんかすることがあるんですが、このしっかりしたコンセプト・メイキングっていうのは、当たり前のことなんですが、めちゃくちゃ大事なことなんだなって学びました。判断に迷ったときの判断基準にもなりますし、必要なことを明確にするときにもコンセプトがしっかりしてると楽です。しかし、そうは分かっても、良いコンセプトの作り方やそのコンセプトの演出の仕方が分かったわけじゃないんで、良いモノを作れるようになった訳じゃないんですけどね…。特に、文章は難しい…(笑)日々、勉強です。


しかし、シン・シティの不気味な殺し屋がイライジャ・ウッドだってのに全く気づかなかったな…。どっかで見たことがある気はしてたんだけど…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • 管理者のみに表示

トラックバック

トラックバックURL:http://dazzlingecriture.blog35.fc2.com/tb.php/7-c9e2327b

プロフィール

侘助

新着記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

finetune

copyright

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。